24オプションで稼いで気楽に出金を【インターネットで稼げ】

話題のJ-REAT

上場不動産投資信託の市場は、堅調に推移している

Real estate

不動産の証券化商品のひとつに、上場不動産投資信託があります。J―REATという呼称の方が一般的かもしれません。ちなみに、不動産証券化協会(ARES)によると、このJ−REATの時価総額は、2011年12月以降、順調に増加傾向を続け、2014年11月には、初めて10兆円を突破しました。さらに、J―REATの時価総額は、その後も増加を続けるなど、堅調に推移しています。 このように、J―REAT市場が堅調に推移している背景には、日本銀行による量的金融緩和に伴う景気浮揚への期待感の高まりが挙げられます。さらに、緩和政策の手段のひとつとして、J―REATの購入が含まれていることも、不動産投資信託市場の活性化に拍車をかけていると考えられます。

投資する場合は、リスク面の充分な理解が必要

なお、この上場不動産投資信託とは、出資者から集めた資金をオフィスビルや商業施設、マンションなどの不動産で運用し、賃料収入などを出資者に分配する金融商品です。不動産へ投資する商品でありながら、投資信託のひとつというワケです。このように、不動産への投資を証券投資という形で実現できる点が、最大の特徴と言えるでしょう。通常、不動産への投資は、高額な資金を必要とする、個人投資家には、かなり、ハードルの高いイメージがあります。しかしながら、上場不動産投資信託を利用すれば、少ない金額で可能となるのです。そして、不動産市場が活況であれば、先行きの利益獲得が期待できます。その半面、状況によっては、損失を被る可能性もあるワケです。したがって、不動産投資信託を利用する場合には、リスク面の充分な理解も必要となります。