24オプションで稼いで気楽に出金を【インターネットで稼げ】

昔から続く商品先物

商品先物で儲けるなら需要が上がる時期を狙う

Real estate

商品先物とは先物取引の中で特にトウモロコシや小麦といった商品の売買をする取引です。商品先物取引で儲けるには安く買って高く売る。もしくは高く売って安く買う。このどちらかです。現在のホットな話題として取り上げあられる商品は原油です。どこのニュースを見ても今まさに原油価格が安値に来ています。これは日本などで原油に代替するエネルギー源の開発が叫ばれました。その結果燃料電池車や電気自動車といった石油に替わるエネルギー源が開発され、実用化されました。現在は価格面での調整が行われる段階に入っています。それでは石油の需要が低下すると思われ原油価格が低下しています。さらに追い打ちをかけるように石油輸出国機構通称OPECが原油の減産をしない決定をくだしました。つまり売りの時期にあります。

実際に原油取引は売りで良いのか

原油価格は現在1バレル40ドル程度で推移すると言われています。需要と供給によって決まるのが商品先物市場です。そして今北半球では季節は冬です。原油などの燃料が必要なのは季節が冬です。そして人口の密集しているのはほとんどが北半球です。つまり今が原油需要のピークの時期です。これから夏にかけて需要が下がることが見込まれます。つまり今売って夏の終わりに買えば利益が得られるのです。ニュースサイトでは原油価格は一バレル30ドル程度まで下がると言われています。ただ原油価格は相当に下がってきています。商品先物ではカラ売りと呼ばれる先に売りから入る取引もできます。投資目的の売り持ちの調整が終わった時点が売りの最適ポイントです。つまり原油価格が今よりも上がった場合が売りのチャンスということです。